家族葬費用を抑える方法を教えます!

家族葬費用の相場がいくらかご存じですか?

家族葬にかかる費用は2つです

@故人を偲び送り出す費用

A参列者をおもてなしする費用

左の図は一般の葬儀費用の平均額になります。家族葬の明確な定義があるわけではありませんが、しいていうなら呼ぶ人を限定した葬儀といことなので、費用も一般葬儀と比べると半分以下の安い費用でできるのが家族葬の特徴です。

葬儀社選びの前に確認すること

 

 

 

葬儀社を選ぶ前に確認することは、
どんな葬儀にしたいかを
ご自身がまず考えることです。
故人の希望があればそれを優先します。


とにかく低価格の葬儀でいいのか
大規模な派手な葬儀をしたいのか
心のこもった手作りの葬儀をしたいのか
個性的な想い出に残る葬儀をしたいのか

 

ご自分の希望する葬儀のスタイルをはっきりと決める
必要があります。
葬儀社により特徴があり、得手不得手があります。
ですので、ご自身が希望する葬儀のスタイルに合った葬儀を選ぶことが大切なのです。

 

葬儀費用総額の内容とその明細を確認する


最近は葬儀の費用を明確に提示する葬儀社も増えてきました。追加料金をいただきませんと。
打ち出している葬儀社も多いです。

 

ですがその一方で、きちんと費用明細を明示していない業者もいるということです。

 

 

また、葬儀社の仕事は、祭壇や備品を提供するだけでなく、お見送りの最期の時を悔いの残らないようにお別れのお手伝いをすることも重要な役割です。

 

費用の金額だけにとらわれて葬儀社を選んでしまって、ひどい葬儀社に遭遇し
後悔することがないようにしたいものですね。

 

丁寧な対応でわかりやすい費用の明細になっているか

良い葬儀社を選ぶためのチェック項目

  • 事前の見積の明細(個々の単価)が明朗になっているかどうか。
  • セット料金には何がふくまれ、何が含まれていないかが明確になっているかかどうか。
  • 質問したことに丁寧にわかりやすく応えてくれるかどうか。
  • 葬儀社のおすすめばかりを提案しないで、こちらの希望通りにか なえてくれかどうか。
  • 利益の少ない葬儀でも嫌な顔をしないで丁寧に対応してくれるかどうか。
  • 契約を急がせたり押し付けがましくないかどうか。
  • わかりやすいパンフレットを用意しているかどうか。
  • 施行した人の記録(お客様の声)とかを見せてくれるかどうか。
  • 支払い期日に余裕があるかどうか。

 

などが良い葬儀社を選ぶ際のポイントになります。
葬儀費用の総額は葬儀社でを決めるもっとも重要な事ではありますが、
その内容と明細についてしっかりと把握しておく必要があります。

 

 

葬祭ディレクターや葬儀社の格付けのチェック

「葬祭ディレクター」という葬祭の知識や技術を
証明する厚生労働省の認定の民間資格
持っている人が何人いるか。

 

また、JECIAという葬儀社の格付機関の評価や国際規格のISO9001の取得業者か
どうかなどもひとつの評価基準になります。

 

家族葬費用を抑える6つの方法

参列者の数を少なくする
直葬にすると費用は安く抑えられる
葬儀式場を自宅や公営の式場で行う
お布施の金額を減らす
複数社見積を比較して節約できる部分を抑える

 

参列者の数を少なくする


一般葬と家族葬を比べるとイメージとして家族葬のほうが、費用が安くつくというイメージがあると思います。

 

家族葬と一般葬の大きな違いは、参列者の数です。

 

実は、参列者の数が少ない方が費用が少なくてすむと思いがちなのですが、
参列者が少ない分お香典による収入が少ないので、一般葬で香典をたくさんいただいた方が、葬儀費用がその分でまかなえるため、 かえって一般葬の方が安くつく場合もあるのです。

 

直葬にする

とにかくお金がないから一番葬儀費用を安く済またい。といった場合は、直葬です。

 

直葬は通夜や告別式といった儀式を一切行わないで、火葬のみ行う方法です。
確かに直葬は安く済みますが、果たしてこの方法で見送ったという実感を持つことができるのでしょうか。

 

以前、父を見送った時に「一番安い方法は火葬のみ行うことです」 と葬儀社の方に言われた時に、何とも切ない気持ちになったことを今でもよく覚えています。
私の場合は、直葬では忍びないと思ったので、父の葬儀は家族葬にしました。

 

 

ですが、最近は都心を中心とするお宅では、直葬されるケースは増えているのも事実です。
高齢者のひとり暮らしなどが多いので、ご本人が生前にご自身で決められていることも多いからです。

 

葬儀式場を自宅や公営の式場で行う

家族葬を自宅で行う家族葬は、家族とごく親しい人だけの少人数で行うので、 自宅で行うことが可能です。 
家族葬を自宅で行えば、葬儀会場を借りる費用がなくなりますので、葬儀費用を抑えるには最適の方法です。
また、 各市町村の公営式場を使用すると費用を抑えることができます。

 

 

その理由は、公営なので、営利目的ではなく公共サービスの一貫 として運営されているため、利用料金がや低料金になっているからです。 ただし、民間に比べ利用料金が前払いであったり、融通がきかない ところもあります。 背に腹はかえられないので、ある程度の妥協は必要かもしれませんね。

 

 

お布施の金額を減らす?

菩提寺を持っていらっしゃる場合は、ご住職さんに相談するといいですね。
私の場合、兄の知り合いのご住職さんにお願いしたのですが、率直に 相談したので、お安くしていただくことができました。

 

 

菩提寺を持っていらしゃらない場合は、何も仏式にこだわる必要は ありませんので、神式でされてはいかがでしょうか。 神葬祭にすれば仏式よりも安い費用でできます。

 

 

他には、無宗教で行うとか、葬儀社に予算内でできるお寺さんを 紹介してもらう、ご自分で僧侶紹介サイトを探して依頼すると いう方法もあります。

 

複数社見積を比較して節約できる部分を抑える


それは何社かの葬儀社で一括見積してもらうことなのです。

 

なぜなら、「祭壇ランク」「料理返礼品のランク」「お布施」は、葬儀社によって大きく異なるからです。 そこで複数の葬儀社から一括見積をしてもらうことで、その差がよくわかり検討できます。

 

 

どこの葬儀社でもセット料金で◯◯万円という表示がされていると思いますが、このセット料金に何が含まれて、何が含まれていないのかをよく見てくださいね。
セット料金に含まれない物は、実費費用の斎場費用、火葬費、移動費、飲食費、返礼品費などです。

 

 

これらをすべて葬儀社に任せて立替をしてもらうと、セット料金+◯◯万円となり、最初の見積額を大きく変わってしまいます。ですから、事前に上限の予算を決めてから、詳細を検討すると予算をオーバーすることなく、 満足のいく葬儀が出来ると思います。

 

 

ところが臨終は突然にやってきます。 臨場直後から親戚や知り合いに連絡したりとご遺体をどこに安置するかなど何かと忙しい中でも葬儀の手配は直ぐにしないといけません。そんな急な時でもWEBの葬儀の一括見積は24時間対応で直ぐに回答されるので時間がかからずに比較検討することができますから、大変便利で助かります。

 

 

ただ、葬儀費用を抑えることばかりに意識がいくと、後で必ず後悔することになりますから、 お見送りをするスタイルを重視して、節約出来る部分をカットするようにすれば、費用を抑えることが可能ではないでしょうか

 

 

 >>「葬儀レビ」ならこちらから無料一括見積ができます

 

 お葬式はある日突然やってきます。前もって段取りなどできません。

葬儀費用をぼったくられないためには、優良な葬儀社ばかりの見積を一度に取れる

ように手助けしてくれる、葬儀社マッチングサイトを活用しましょう。

いざというときに、慌てずにこちらのサイトからかかる費用を確認し、失敗しない
葬儀社選びの一助になさってください。

葬儀レビ
葬儀レビ 日本最大級の無料葬儀社紹介センターです
400社以上の厳選した葬儀社から提案・見積りをしてもらえます。中立的な第三者機関だからこそ評判の高い葬儀社を紹介してもらえるため失敗がありません。

最短3分で5社の葬儀社から見積もりをしてもらえ料金を一目で比較検討できるため、葬儀社によりどの項目で料金が異なるかがわかります。

24時間365日電話でも親切丁寧に対応してくれます。

葬儀社数 葬儀実績 対応地域 特典 口コミ評価
400社以上 年間4700件 全都道府県 キャッシュバッグ
20.000円
家族葬費用相場,家族葬費用,家族葬とは

格安葬儀
格安葬儀(シンプルなお葬式) 葬儀に必要なものだけに絞った内容で費用を抑え定額プランは148.000円〜となっています

安くできる秘密は、空き式場を使用することで、費用を抑え徹底的に内容をシンプルにしているからです

定額のお布施料金でお坊さんを派遣してくれるサービスもうれしいです。葬儀費用に困っている方でも葬儀ローンで支払いができます。
葬儀社数 電話問合せ 紹介地域 対応 口コミ評価
400社 年間8000件 全都道府県 24時間専門スタッフが対応 家族葬費用相場,家族葬費用,家族葬とは

小さなお葬式
小さなお葬式 小さなお葬式は年間14.000件の業界トップクラスの葬儀実績があります。
万一高額な請求や不要なサービスが発覚したときは安心の返金保証」より返金してもらえる制度があります

お葬式の寺院手配を定額でしてもらえるのも助かります。また、他の葬儀社のキャンセル手続きもしてくれます。葬儀ローンで分割払いもできます。
葬儀場数 葬儀実績 対応地域 顧客満足度 口コミ評価
3000ホール 年間14000件 全都道府県 97% 家族葬費用相場,家族葬費用,家族葬とは

心に残る家族葬
心に残る家族葬 参列者5名〜50名までに特化した葬儀です。

全国平均より格安の葬儀プランを6つあり、明朗でわかりやすい料金を総額提示してくれます。全国にある提携葬儀社は、地域密着葬儀社なので、その地域特有の葬儀習慣を理解して施行できるため安心です。

心をこめた葬儀、家族の絆を大切にした葬儀内容。
会費千円支払うと最大7万円の割引がありますお墓が不要な方のため、宇宙への散骨ができる変わったプランもあります。葬儀費用の分割払いにも対応しています。
葬儀社数 葬儀実績 紹介地域 顧客満足度 口コミ評価
明記なし 明記なし 全国 99.2%(1日葬) 家族葬費用相場,家族葬費用,家族葬とは

家族葬のグローバルケア
家族葬のグローバルケア NHKの番組で10社の見積書を取寄せた女性から選ばれた葬儀社です。

おくる人とおくられる人の想いを紡ぐ「感謝」と「ありがとう」を大切にするお葬式を執り行ってくれるグローバルケアです。
良質で低価格のお葬式を提供してくれます。

グローバル会員(会費1万円1回限り)になると、お葬式費用が2万円〜最大10万円お割引特典があるほか、追加ドライアイス料金も2回まで無料などの特典があります。相談方法は面談、電話、メールの3つの手段があります。終活カウンセラーが在籍する葬儀社です。
葬儀社 葬儀実績 対応地域 顧客満足度 口コミ評価
潟Oローバルケア 年間4500件 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪市全域・八尾市・東大阪市・守口市・門真市・堺市

94%

家族葬費用相場,家族葬費用,家族葬とは

更新履歴
トップへ戻る