お葬式に本当の意味を知っていますか?

枕経とは

枕経とはこの世とあの世の橋渡しをする儀式のことをいいます。
もともとは臨終前の人に対して、湿らせた布や筆で末期の水を与え、あの世へ送り届けるために僧侶が読経あげる儀式のことです。

 

ところが近年は、自宅で死を迎えることが少なくなり病院や施設でなくなることが多くなりました。
ですので、住職は自宅へ行かずに直接葬祭ホールへ運ばれてきた遺体の前で読経をする。これが枕経の今の形です。

 

 

本来の枕経の場では、カミソリを髪に当てて仏弟子になることを誓う剃度作法と言う戒名授与などが行われます。
また、枕経の場合で、遺族、僧侶、葬儀社の三者で通夜や葬儀の打ち合わせが行われることが常でした。

戒名料ってあるの?

名授与は、死後に受けるものと思われていますが、本来は生前に受けるものです。

 

そもそも戒名は、江戸幕府がキリシタン禁制のために仏教徒になることを奨励したことで普及しました。
ですので、戒名は生前に授与されるのが理想です。

しかし、現在では死後に戒名授与が行われることか、当たり前となっており、与えられる文字も宗派や男女、寺院への貢献度などによって決められます。

 

一般的に、位牌は四十九日(満中陰)までは白木に墨で書かれたものが用いられ満中陰を迎えれば、漆塗りのものに取り替えられます。
戒名をつけてもらったお礼は、布施に含まれます。
ですので、戒名料として請求されるのはちょっと筋違いになります。

納棺〜通夜の本来の意味は?

納棺が終われば、遺族立ち会いの下で遺体を清め、身支度をし、個人が使用していたものなどを副葬品として収める納棺という儀式を行います。

 

 

納棺が終われば通夜が実施されます。(通常死後の2、3日後)
そして、祭壇飾りがなされ、身内や親しい者だけの内々の儀式が行われます。
僧侶を呼ぶ通夜の儀式の後は、一晩を通じて線香やろうそくを絶やさずに夜を徹して故人を守ります。遺族や親しいものが故人を忍び、語り合いながら、徐々に死を受け入れるための心の準備を始めます。

葬儀と告別式の違いとは?

葬儀と告別式の違いは、結婚式と披露宴の関係性の近いものがあります。
葬儀とは僧侶による宗教に基づいた儀式のことです。告別式とは、参列者が個人に最後のお別れをする場のことです。

 

もともとは、葬儀と告別式とは別々に行われていましたが、現在は同時に行われることがほとんどです。

 

お葬式の定義はありませんが、一般的に、枕経?葬儀・告別式までの全体を指す場合と、葬儀・告別式をまとめて呼ぶ場合があります。

 

また最近では【1日葬】と言って通夜から告別式、火葬までをひとくくりにしたものや【直葬】と言って死んだ後直接火葬場に搬送するというような葬式が増えている傾向がみられます。

火葬・骨あげ

告別式を終えた後いよいよ出棺となります。
一般的には霊柩車に乗せて火葬場に運びます。
しかし都会では葬儀会場と火葬場が一緒になっている施設も多くあり、ド派手な霊柩車はほとんど使われなくなりました。霊柩車に乗せるのは、野辺送りという習慣の名残りです。

 

 

火葬場には僧侶が同伴し、火葬の前に短い読響があります。読経が終われば火葬の扉か閉まり焼かれます。後は骨になるのを待つだけです。
火葬にかかる時間は、火葬炉の性能によりますが、早いところだとわずか30分で焼き上がります。

 

焼かれた遺骨を骨上げしていくのですが、遺骨を骨壺に入れる「骨あげ」にはふた通りあります。ひとつは東日本で行われている、すべての骨を持ち帰る全部拾骨。もうひとつは、西日本の一部の骨のみを拾う部分拾骨となっています。

初七日から納骨四十九日の法要まで

亡くなった日を含めて7日後に、初七日の法要が行われます。
正式には初七日を含めて7日おきに7回の法要を実施するのですが、最近は簡略化されています。

 

 

7日おきに7回というのは、四十九日(中陰または中有)のことで、生きたものが7回物供養を続け、功徳を個人に転嫁させる(追善供養)ためです。
つまり、この追善供養によって、仮に悪行を重ねた個人であっても、極楽浄土にたどり着くことができるとされているのです。残されたものが個人に手を負わせる意味はそこにあるのですね。

 

 

納骨は四十九日に実施するのが一般的です。納骨の形態には関東と関西では異なります。関東圏では骨壺のまま収め、関西圏では骨壺から出して「土に還す」ということかおこなわれます。

年忌法要は何回まで?

四十九日が済めば、百か日、一周忌、三回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、33回忌、50回忌、100回忌、200回忌、、、、とつとめられるケースもあるようですか、通例は33回忌か50回忌で年忌法要のつとめが終えられるようです。

お葬式はある日突然やってきます。前もって段取りなどできません。

 

葬儀費用をぼったくられないためには、優良な葬儀社ばかりの見積を一度に取れる

ように手助けしてくれる、葬儀社マッチングサイトを活用しましょう。
いざというときに、慌てずにこちらのサイトからかかる費用を確認し、失敗しない
葬儀社選びの一助になさってください。
 
葬儀レビ
葬儀レビ 日本最大級の無料葬儀社紹介センターです
400社以上の厳選した葬儀社から提案・見積りをしてもらえます。中立的な第三者機関だからこそ評判の高い葬儀社を紹介してもらえるため失敗がありません。

最短3分で5社の葬儀社から見積もりをしてもらえ料金を一目で比較検討できるため、葬儀社によりどの項目で料金が異なるかがわかります。
 
24時間365日電話でも親切丁寧に対応してくれます。
葬儀社数 葬儀実績 対応地域 特典 口コミ評価
400社以上 年間4700件 全都道府県 キャッシュバッグ
20.000円
供養,葬式

格安葬儀
格安葬儀(シンプルなお葬式) 葬儀に必要なものだけに絞った内容で費用を抑え定額プランは148.000円〜となっています

安くできる秘密は、空き式場を使用することで、費用を抑え徹底的に内容をシンプルにしているからです

定額のお布施料金でお坊さんを派遣してくれるサービスもうれしいです。葬儀費用に困っている方でも葬儀ローンで支払いができます。
葬儀社数 電話問合せ 紹介地域 対応 口コミ評価
400社 年間8000件 全都道府県 24時間専門スタッフが対応 供養,葬式
 
小さなお葬式
小さなお葬式 小さなお葬式は年間14.000件の業界トップクラスの葬儀実績があります。
万一高額な請求や不要なサービスが発覚したときは「安心の返金保証」より返金してもらえる制度があります

お葬式の寺院手配を定額でしてもらえるのも助かります。また、他の葬儀社のキャンセル手続きもしてくれます。葬儀ローンで分割払いもできます。
葬儀場数 葬儀実績 対応地域 顧客満足度 口コミ評価
3000ホール 年間14000件 全都道府県 97% 供養,葬式
 
心に残る家族葬
心に残る家族葬 参列者5名〜50名までに特化した葬儀です

全国平均より格安の葬儀プランを6つあり、明朗でわかりやすい料金を総額提示してくれます。全国にある提携葬儀社は、地域密着葬儀社なので、その地域特有の葬儀習慣を理解して施行できるため安心です。

心をこめた葬儀、家族の絆を大切にした葬儀内容。
会費千円支払うと最大7万円の割引がありますお墓が不要な方のため、宇宙への散骨ができる変わったプランもあります。葬儀費用の分割払いにも対応しています。
葬儀社数 葬儀実績 紹介地域 顧客満足度 口コミ評価
明記なし 明記なし 全国 99.2%(1日葬) 供養,葬式

家族葬のグローバルケア
家族葬のグローバルケア NHKの番組で10社の見積書を取寄せた女性から選ばれた葬儀社です。

おくる人とおくられる人の想いを紡ぐ「感謝」と「ありがとう」を大切にするお葬式を執り行ってくれるグローバルケアです。
良質で低価格のお葬式を提供してくれます。

グローバル会員(会費1万円1回限り)になると、お葬式費用が2万円〜最大10万円お割引特典があるほか、追加ドライアイス料金も2回まで無料などの特典があります。相談方法は面談、電話、メールの3つの手段があります。終活カウンセラーが在籍する葬儀社です。

葬儀社 葬儀実績 対応地域 顧客満足度 口コミ評価
潟Oローバルケア 年間4500件 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪市全域・八尾市・東大阪市・守口市・門真市・堺市

94%

供養,葬式

東京・埼玉・千葉・神奈川県の地域に特化した葬儀なら