【家族葬の費用の仕組みをご存じですか】家族葬費用を抑える方法を教えます

費用をかけない葬儀スタイルとは

葬儀にお金をかけたくない人は、年々増えています。
そんな世相を反映してか、コンパクトな葬儀のスタイルを葬儀社も提案しています。
葬儀はお金をかけるものという概念がなくなりつつあります。

 

 
最もお金をかけない葬儀スタイルは、直葬(火葬のみ)というスタイルです。
病院で亡くなると、すぐに火葬場へ行き、弔問客もお坊さんも呼ばずに、遺族だけで火葬に立ち会うスタイルになります。

 

直葬は、地域のしきたりや慣習などがあまり関係ない、都会で増えています。

 

 

次いで、1日葬です。
1日葬とは、通常は1日目(通夜)、2日目(葬儀・告別式)と2日に分けて葬儀を行うところ、
1日で済ませるというスタイルです。

 

通夜を行わないことで、式場のスタッフなどの人件費が節約できます。
参列する人も家族と親族のみで行うことが多いです。

 

1日葬では、簡素な祭壇のみを用意し、お坊さんに読経をお願いすることもあります。

 

 

このように、儀礼のみ行って、参列する人の人数を減らすことでコンパクト化して、
お金をかけない家族葬が人気になっています。

 

 

実はこうしたコンパクトな廉価版葬儀スタイルは、不況や人付き合いが希薄となってきた
現代の社会状況起因しているようですね。

 

 

遺族側は参列者の人数を削ることで、葬儀費用を減らせるますし、呼ばれる側にとっても
義理で行く必要もないので、双方ともに合理的なのかもしれませんね。

 

 

>>家族葬を格安で行える葬儀社はこちら