【家族葬の費用の仕組みをご存じですか】家族葬費用を抑える方法を教えます

家族葬費用の平均や最安値がわかる

葬儀費用でお悩みの方!全国400社の中から最大10社の費用を比較!

>>簡単無料1分で費用相場がわかります<<

追加料金で後悔した私の家族葬体験

当初の見積もり

最終見積もり

祭壇費用セット料金50万円

セット料金50万円+追加料金50万円=100万円

追加料金で後悔しない家族葬

 

「家族葬」という言葉の意味は、「家族だけで行う葬儀」「葬儀費用が安くつく葬儀」
「簡単にできる葬儀」という風なイメージで捉えられていることが多いです。

 

そのようなイメージは確かに間違ってはいないのですが、「家族葬」の詳しい内容を
わかっている方は、以外に少ないように思います。

 

私も身内の葬儀を初めて行った時は、その詳しい内容が分からずに業者任せに
したために苦い経験をしたことがあります。

 

私の父の葬儀の場合、その臨終が近づき死が現実のものとなった時、
初めて葬儀を行う葬儀社をインターネットで検索しました。

 

どこの葬儀社がいいのかまったく分からず、結局家の近くの葬儀社に
電話をかけ見積を依頼しました。

 

それが、見積だけでいいと言ったにもかかわらず、いきなりその業者は
ドライアイスを持って来られて、頼んでもいないのにサッサと葬儀の準備を始めました。

 

まったくもって驚きましたが、葬儀の見積もりをされたはその後でした。
そこで断ればよかったのですが、なんせ初めて身内から葬式を出すので、
まったくその流れがわからなかったので、専門家を頼るしかなかったのです。

 

こちらの意向は、父も歳をとっていましたし、親類縁者も同じように高齢者
ばかりでしかも遠方でしたので、家族と親しい人20人で行いたいと伝えたところ、
家族葬のセット料金を提示されました。

 

想像していたよりも高い金額でしたので、最低料金はいくらかと聞くと
直葬という通夜や告別式などの宗教儀式を一切行わない、火葬のみの葬儀形態でした。

 

家族葬を自宅で行う

自分の父親のたった一度しかない葬儀を直葬にするのには、あまりにも偲びなかったので、まよわず家族葬を選択しました。

 

ただ、その家族葬にもいろいろと事細かに料金が決められており、どれもみんなセット料金に次々と料金が加算されていくではありませんか。

 

 

家族だけの家族葬でしたので、質素でいいと思っていましたが、祭壇が造花といわけにはいかにですよね。祭壇は生花で飾ってあげたいし、旅立ちの支度もちゃんとしてあげたい。

 

せめて親しい人だけにはお通夜に参列していただきたいと思い、通夜ぶるまい
もさせていただきたいい。進落としもさせていただきたい。

 

そうしたら、当初50万円という見積もり金額だったのに、最終的には100万円となりました。
自宅葬でお寺さんも知り合いの住職さんにお願いしましたので、お布施は入らない金額です。

 

おまけに担当された方は、ほんとうに事務的で家族を亡くした者に対する心が
まったく感じられませんでした。

 

さらに驚いたことは、通夜が済んだ告別式の出棺前に葬儀費用を支払ってほしいと
言われたことです。このことは今だに憤慨しています。

 

昔ならともかくも現在では、どこの葬儀社でも葬儀がすべて終わってから
その料金を支払うものだと思いますが、この葬儀社はこ前払い現金で集金されたのでした。
こんな嫌な思いをしたのは生まれて初めてでした。

 

これを悪徳業者と呼ぶのかは別としても、最期のお別れの時ぐらいは、
気持ちよく故人とゆっくり過ごし送りたいと思うのが遺族の願いではないでしょうか

 

私はこのように自分と同じような嫌な思いをしてほしくないと、このサイトを立ち上げました。

 

臨終の時は、ある日突然やってくるものですし、誰しも100%訪れることです。

 

その時になって慌てないためにも
「家族葬について」家族葬費用の相場をはじめ、
家族葬費用の仕組み、家族葬以外にかかる費用、家族葬費用の抑え方、
お布施や戒名の適正価格、法要、納骨費用の相場などについての知識は
あっても損することではありません。

 

家族葬について本当に必要なことは何なのかを知っていただき、
実際に家族葬をされる時にそのサイトが少しでもお役に立てるとうれしく思います。

 

そのためにも複数社見積もりを取られて、ご自身にとって一番ふさわしい
葬儀社を選んでいただけたなら幸いです。

依頼件数が日本一の葬儀社をご存知ですか?

総額173,000円からの超低価格で追加費用は一切不要

>>どこよりも安くご希望のお葬式ができるのはコチラ<<